第15回東京骨髄病理研究会

第17回東京骨髄病理研究会

注意: このページは管理人の個人的まとめページです。正式な東京骨髄病理研究会のWeb pageではありません。 

敬称略

2019年8月31日(土) 14;00-15;20 東京都中央区八重洲TKP東京駅カンファレンスセンター

事務局:東海大学医学部基盤診療学系病理診断学

開会挨拶 中村直哉(東海大学)

ミニレクチャー

Acute leukaemias of ambiguous lineage

さいたま赤十字病院 病理診断科 副部長 小川 高史

 

症例検討3題

1) CD138陰性 plasma cell myelomaの一例  川崎医科大学 病理学 藤原英世 

  • 臨床像はmyelomaでよいが, 採取骨髄標本は, plasma cell増加は non clonalであると考えられた. FCMでもCD19+, CD56-クローンが40%ほど認められている. 生検場所の検討が必要.
     

2) 著明なDICで発症したCMML様症例 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 血液内科部長 井上靖之 

  • 骨髄標本からはRAEB-1よりovert leukaemiaへ移行した症例と考えられた.IHCのmarkerなどから単芽球の増殖が疑われる.
     

3) 皮膚隆起性病変をきっかけに受診したJAK2V617F陽性のMPNを疑う症例 東京医科大学病院 荒田裕貴

  • 骨髄はacte(monocytic)leukaemiaの所見. blastic plasmacytic dendritic cell neoplasmとの鑑別が必要でCD123染色などの追加が必要. CMMLの急性白血病化などの可能性も示唆された.
     

特別講演

再生不良性貧血〜最近の話題〜

東京医科大学 血液内科学分野 主任教授 後藤明彦

 
 

次回は 2020年 3月20日(金)(連休の初日) 場所は同じ場所を予定.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-02 (月) 11:56:13 (80d)