脾臓 Spleen

脾臓はリンパ系器官としてリンパ節、リンパ管と同様、二次(末梢)リンパ系器官に属し免疫機能を担う臓器です。
リンパ管やリンパ循環と連絡を持つ他のリンパ装置やリンパ節と違っているのは血液循環中に存在し,古くなったり異常であったりする赤血球や異物を捕食、処理する血液のフィルタ−の役割も担っています。ここでは、脾臓の解剖学的構造と働きについて説明しておきます。

脾臓の位置と形

spleenpos.jpg
spleenbothside.png

脾臓は1人一個で大人では左胸郭下第9−第11肋骨の高さにあり胃の左後ろ側で左腎と横隔膜の間にあります。正常の脾臓はおとなでは触診できません。 図は脾臓の肉眼像です。暗いあずき色の柔らかな臓器です。大人の脾臓の重さは90から120gといわれます。200gをこえる脾臓は病的です。20歳から40歳までがもっとも大きく,年をとるとともに萎縮してゆきます。大きくなって触れる脾臓を脾腫といいます (→脾腫をきたす疾患
脾臓の肉眼像(横隔膜面(左)臓側面(右)両側から見たところ)。成人の平均サイズは10cm×7cmで厚さは3cmほどです。

脾臓の構造

脾臓の割面を肉眼で見ると暗赤色の赤脾髄中に白色点状の白脾髄が散在しています
赤脾髄は脾洞と脾索から構成され赤血球を多く含む。白脾髄はリンパ小節でリンパ球の集蔟巣です。

赤脾髄の構造

赤脾髄は細長いソーセージ様の空洞である脾洞脾索の間にたくさん介在して構成されています。 脾洞の内皮細胞は細長い杆状細胞で、ちょうど「おけ」のように洞の長軸に平行にならび、「タガ」となる膠原線維のバンドで取り囲まれています。洞の外側には基底膜がありますが窓が開いていて白血球や赤血球が通り抜けることが可能になっているのです。洞の内皮は弱い貪食能を持っています。特発性門脈圧亢進症では内皮の貪食能が異常に高くなります。脾洞と脾洞の間にある比較的幅のせまい脾索には細網細胞がネットワークをつくっており、その中にリンパ球、形質細胞、マクロファージが存在します。脾臓構造のイラスト参照(下)

動脈から脾臓に入ってくる血液は筆毛動脈→莢毛細血管→脾索毛細血管を通り、脾索やリンパ小節の細網細胞ネットワークに開放されいったん血管を出ます。その後脾洞の隙間から洞内に入り脾静脈に帰っていきます。 脾臓の血液が閉鎖的循環か開放性の循環かは長い間論争されていましたが、現在は構造上、開放性であることがわかっています。

赤脾髄HE像 -- 脾洞、脾索の拡大像を示します。

白脾髄の構造

脾動脈脾柱という結合組織を通って実質内に入るところから毛細血管に至るところまで、その周囲にリンパ鞘が形成され、所々にリンパ濾胞が発達しています。(リンパ鞘=PALSと呼ぶ peri-arterial lymphatic sheathの略)
これらの濾胞内には胚中心が見られることが多い。胚中心の周りには暗調にそまる小型のリンパ球がマントル層を作って取り囲んでいます。リンパ鞘もリンパ節の構造と同じく粗で不規則な細網線維からできたネットワークが骨格となっている。
リンパ鞘はT細胞領域リンパ濾胞はB細胞由来です。
胚中心が多数出現しているときはなんらかの抗原刺激を受けたと考えられます。

慢性感染症がある人の脾臓や特発性血小板減少性紫斑病の人の脾臓では胚中心が特に発達してみられます。一方で自己免疫性溶血性貧血では胚中心は少なく、先天性球状赤血球症ではほとんど見られません。

脾臓構造イラスト

spleenA011.jpg

脾臓の血管

  • 脾門部より脾臓実質に入った脾動脈は分岐し, 脾柱を経て(脾柱動脈), 中心動脈として白脾髄を貫通している。(発生的には動脈周囲にリンパ球が集蔟している).
  • 白脾髄を出た動脈は筆先のように分岐することより筆毛動脈と呼ばれる。
  • 筆毛動脈は脾索の細網細胞突起により支持され脾索内を走行する。筆毛動脈末端部の動脈性毛細血管へ以降する部分は細網細胞とマクロファージからなる莢(さや)で囲まれており、莢動脈あるいは莢毛細血管と呼ばれる。
  • 莢動脈壁には小孔が開いており, 莢組織は血液濾過に関連していると考えられている。(色素を流すと小孔より莢組織へ流入, 莢組織マクロファージに貪食される)
  • ヒトの脾動脈端末は大部分が脾索に、一部は周辺帯に開放性に終わり, 血液は血管外へ流出する。(開放性か閉鎖性かについては長い間論争がおこなわれたが現在はこの考えになっている)
  • 脾索の血液は静脈洞の内皮細胞間隙を経て静脈洞に流入する。動脈開放性末端が静脈洞壁に近接している部分では血液は細網細胞の網をくぐることなく、マクロファージに接することもなく, 直接静脈洞に入る、機能性閉鎖循環を行っている。
  • 静脈洞の血液は-->脾髄静脈--->脾柱静脈を経て脾門部に達し、脾静脈から門脈へ還流する。

リンパ管

  • ヒトでは被膜内, 脾柱動静脈周囲に認められる。
  • 白脾髄中心動脈周囲には動脈血流と逆方向に流れるリンパ流が存在している。
spleenZu03.png

                                


添付ファイル: filespleenZu03.png 3014件 [詳細] filespleenpos.jpg 1984件 [詳細] filespleenA011.jpg 6837件 [詳細] filespleenbothside.png 2574件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-29 (金) 12:41:21 (1756d)