WikiPathologica

注意: このページは管理人の個人的まとめページです。正式なB-cell Malignancy Academy_血液病理検鏡会in関東 2019のWeb pageではありません. 

B-cell Malignancy Academy_血液病理検鏡会in関東 2019

ヤンセンファーマ(株)主催の検鏡会 講演とB-cell malignancy症例の検討会

敬称略.

特別講演

  • テーマ1; 中悪性度B細胞リンパ腫の分子診断-DLBCL, MCLを中心に-

    岡山大学病院血液腫瘍内科 遠西 大輔 --->講演のまとめ

  • テーマ2; 低悪性度B細胞リンパ腫の分子診断- LPL/WMを中心に-

    岡山大学 第二病理 吉野 正

検討症例

1. 特徴的な染色体転座を示したリンパ腫- 旭川赤十字病院病理診断科 菊池智樹

  • Double-hit follicular lymphoma, grade3B
     

2. 骨髄中に多数の腫瘍細胞を認めたが, 診断のつかないまま死亡した一例 - 松戸市立総合医療センター 血液内科 藤川一壽

  • Acute myeloid leukaemia, 単球系? DDx. BpDC neoplasmでTCL-4とlysozymeを染める. BpDCNはlysozymeは陽性にならない.
     

3. Lineage markerを発現しない悪性リンパ腫(たぶん) - 横浜市立大学附属病院 病理診断科 江中 牧子

  • CHOPが有効な悪性腫瘍. lymphoid malignancy?
  • CD13, CD41がFCMで陽性. megakaryosarcomaも少数ながらある. CD41はCD42bより幼若なものを染める.
  • リンパ節, 軟部に発生するM7 sarcomaの症例があった. 骨髄には病変はなかった.
  • ALK+ large B-cell lymphoma? M7はなるほどなと思う.
     

4. リンパ節にびまん性形質細胞増殖を呈したMethotrexate投与中のリウマチ患者さんの一例 - 磐田市立総合病院 病理診断科 谷岡 書彦

  • MTX-associated lymphoproliferative neoplasia; marginal zone lymphoma with prominent plasma cell differentiation
     

5. CD20陰性細胞, 陽性細胞が混在し, TdTがfocalに陽性を示すB cell lymphomaと思われる症例 - 国家公務員共済組合連合会立川病院 病理診断科 緒方謙太郎

  • 骨髄がLBLであるかどうか, TdTが染まらないならCD34やCD99(MIC2)を染めて見ることも必要.
  • MUM1が染まるLBLはない?--->MUM1はpreB-cellが成熟する段階においても重要な役割をもっており幼若なB細胞の段階でも発現することは考えられる.
    MUM1が陽性だからといって成熟B細胞腫瘍とは限らない.--->B-LBLに陽性を示した論文*1あり.

6. 中枢神経原発の低悪性度リンパ腫と考えられた一例 - 聖マリアンナ医科大学 血液・腫瘍内科 富田直人

  • low-grade lymphoma of the CNS. plasma cellにkappa. lambdaのdeviationが見られる. lymphoplasmacytic lymphomaかどうかは保留. 炎症とする意見もある.
  • marginal zone lymphomaでは.
  • 低悪性度のprimary CNSリンパ腫はほとんどない. systemicなリンパ腫で脳に病変ができやすいものとしてLPL/WMがあり, Bing-Neel syndrome という病名もついていて, 脳実質に病変ができるばあいと髄膜浸潤の場合がある.*2
    MYD88の変異は調べた方がよいのではないか.
     
     

次回は2020年の9月12日(土)の予定.


*1  Nasr MR et al. Expression profiling of transcription factors in B- or T-acute lymphoblastic leukemia/lymphoma and burkitt lymphoma: usefulness of PAX5 immunostaining as pan-Pre-B-cell marker. Am J Clin Pathol. 2010 Jan;133(1):41-8.; All 34 (100%) cases of B-ALL expressed PAX5; 32 (94%), BOB.1; 33 (97%), PU.1; 29 (85%), CD79a; 27 (79%), CD22; 2 (6%), CD20; 9 (26%), OCT-2; and 3 (9%), MUM1.PMID:20023257
*2  Minnema MC, et al. Guideline for the diagnosis, treatment and response criteria for Bing-Neel syndrome. Haematologica. 2017 Jan;102(1):43-51. PMID:27758817

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-03 (火) 16:28:53 (102d)