Burkitt lymphoma

Burkitt's lymphoma of the ileum end

 
SImacro00.jpg
macro02.jpg

40歳代女性 回腸末端部に発生した腫瘤が先導部となり盲腸に嵌入して腸重積を来した。

病理組織, 免疫染色所見

組織所見 HE染色

HE_01.jpg
HE_02.jpg
HE_03.jpg
 

核は円形ないし卵円形でmacrophageの核と同じか, わずかに小さい. クロマチンは集合しクロマチン周囲は明るく見え, 核内に「窓」があるような像を生じる. これはlymphoblastic lymphoma細胞の微細点状クロマチンと対照的な所見. 核には複数(通常2-5個)の核小体が容易に認められる.時折核中心に単一核小体をもつ細胞も出現する。もしこの中心性単一核小体の細胞が多くなると、いわゆるBurkitt-like lymphomaの診断がより適当と考える。細胞質は濃青色で脂肪空胞が多数認められ. 濃青色は多くのRNAが含まれているからである.

 
 

免疫染色

CD20.jpg
CD10.jpg
CD3.jpg
CD5.jpg
CD20CD10CD3CD5
Ki67.jpg
EBER.jpg
bcl6.jpg
bcl2.jpg
Ki-67(MIB1)EBER-ISHbcl-6bcl-2
 

CD19, CD20, CD22(pan-B cell marker), germinal center cellに発現するCD10, CD38, CD40は陽性。基本的にすべてのBurkitt lymphoma cellは表面免疫グロブリンが陽性となる(ほとんどがIgM, ごくまれにIgG, IgA). kappaまたはlambda軽鎖蛋白, 免疫グロブリン関連蛋白のIgα(CD79a)も通常陽性. bcl-6は陽性。bcl-2は陰性で、これが陽性となるとBurkitt lymphomaの診断は疑わしくなる。Ki-67はほとんどの腫瘍細胞が陽性であり増殖期であることがわかる。本症例はEBER-1がびまん性に陽性となった。

 
 
flow.jpg
fusiongene.jpg
flowcytometrymyc-IgH fusion gene

FISH法で67/100細胞にmyc-IgH fuseion signalが検出された。


添付ファイル: fileHE_02.jpg 1579件 [詳細] fileSImacro00.jpg 1017件 [詳細] fileflow.jpg 993件 [詳細] fileHE_01.jpg 1583件 [詳細] filebcl2.jpg 1027件 [詳細] filefusiongene.jpg 1031件 [詳細] filebcl6.jpg 1084件 [詳細] fileCD10.jpg 1112件 [詳細] fileCD3.jpg 1049件 [詳細] fileEBER.jpg 1123件 [詳細] fileKi67.jpg 1131件 [詳細] fileCD5.jpg 1054件 [詳細] filemacro01.jpg 401件 [詳細] filemacro02.jpg 1039件 [詳細] fileCD20.jpg 1092件 [詳細] fileHE_03.jpg 1773件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-29 (火) 15:01:30 (57d)