血液腫瘍病理学

原発性骨髄線維症 Primary myelofibrosis

 

骨髄中に主として異常な巨核球, 顆粒球系細胞が増加する, クロナールな骨髄増殖腫瘍 clonal myeloproliferative neoplasm. 進行すると, 反応性膠原線維増生や髄外造血が認められる. (WHO revised 4th ed.)

過形成髄と線維化のない, あるいは軽度弾性線維増生のみられる最初のprefibrotic/ early stageから段階的に進行する. 最終的に 高度の弾性線維, 膠原線維増生をきたし, しばしば骨硬化を伴う.

診断クライテリア

[prefibrotic/ early stage PMFのクライテリア (WHO 4th revised)]

3つのmajor criteria全てと少なくとも1つのminor criteriを満たす.

1. 巨核球の増殖と異型があり, grade1より強い弾性線維増生を認めない. 年齢にあわない過形成髄. 顆粒球過形成としばしば赤芽球低形成が認められる.

2. WHOクライテリアの bcr-abl fusion陽性CML, PV, ET, MDS, その他のMPNに一致しない.

3. JAK2, CALR, MPL遺伝子変異あるいは, その他のクロナールマーカが陽性である. minor reticulin fibrosis(MF-1)は認められない.

その他のクロナールマーカには, ASXL1, EZH2, TET2, IDH1, IDH2, SRSF2, SF3B1変異などが含まれる.

PMFのfibrotic stageでは, 臨床像として, 1,2が認められる.

1. 末梢血のLeukoerythroblastosis. 類涙型の赤血球がしばしば出現する.

2. 肝脾腫.

 
 

Case01; Meylofibrosis, overt fibrosis

77year-old female. 40歳時polycythemia veraと診断されていた.

ASD-01.jpg(157.2KB)ASD-02.jpg(153.2KB)ASD-03.jpg(139.3KB)ASD-01.jpg(157.2KB)
 
 
ASD-04.jpg(150.0KB)ASD-05.jpg(190.7KB)ASD-06.jpg(197.4KB)ASD-07ok.jpg(219.3KB)
 
 
To-gin00.jpg(299.1KB)To-gin01.jpg(272.4KB)To-gin02.jpg(270.7KB)To-gin03ok.jpg(179.7KB)
鍍銀染色鍍銀染色鍍銀染色鍍銀染色

黒染する弾性線維の増生のほか, 赤く染まる膠原線維の増生が確認される. MF-2 fibrosis. 鍍銀染色の核染色をすると膠原線維の赤染がわからなくなるので行わない.


添付ファイル: fileASD-03_s.jpg 22件 [詳細] fileASD-03.jpg 71件 [詳細] fileASD-02_s.jpg 26件 [詳細] fileASD-02.jpg 74件 [詳細] fileASD-01_s.jpg 26件 [詳細] fileASD-01.jpg 78件 [詳細] fileASD-07ok_s.jpg 27件 [詳細] fileASD-07ok.jpg 69件 [詳細] fileASD-06_s.jpg 25件 [詳細] fileASD-06.jpg 64件 [詳細] fileASD-05_s.jpg 23件 [詳細] fileASD-05.jpg 67件 [詳細] fileASD-04_s.jpg 21件 [詳細] fileASD-04.jpg 69件 [詳細] fileTo-gin03ok.jpg 72件 [詳細] fileTo-gin03ok_s.jpg 27件 [詳細] fileTo-gin02_s.jpg 25件 [詳細] fileTo-gin02.jpg 57件 [詳細] fileTo-gin01_s.jpg 12件 [詳細] fileTo-gin01.jpg 52件 [詳細] fileTo-gin00_s.jpg 12件 [詳細] fileTo-gin00.jpg 61件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-13 (月) 20:25:16 (112d)