[[Burkitt lymphoma]]

*Burkitt's lymphoma--症例01 [#t20c5a41]
#ref(livertumor.jpg,around,right,25%)
''72歳 男性''~
腹部膨満感で他院を受診. 黄疸と心窩部腫瘤を触れCTでは管内胆管の拡張と左葉の腫瘤を認めた。精査治療のため当院消化器内科を紹介される。 ENBD留置などの処置で減黄を行う。ERCPによる胆汁細胞診では少数のatypical lymphcytesを認めるが確診できず。肝生検をおこなった。~
既往歴:1年前肝右葉の肝膿瘍。ドレナージで治癒。組織の採取は行っていない。
#clear
**組織・細胞病理所見 [#p21bb33a]

''エコーガイド下肝腫瘤針生検組織''

尾状葉の腫瘍から16G, 11mm穿刺針で5mm, 2mmの組織を採取した。2mmの組織は線維組織と肝組織で腫瘍細胞を含んでいなかった。穿刺針洗浄液をkaryotypeに提出する。

|#ref(kif01.jpg,,20%)|#ref(kif02.jpg,,20%)|#ref(kifcell.jpg,,20%)|
|CENTER:liver biopsy x10|CENTER:liver biopsy x20|CENTER:生検組織スタンプ標本|

Virtual Slideをみる--->[[肝左葉腫瘤針生検組織片:http://www.ft-patho.net/NDPServe.dll?ViewItem?ItemID=404]]  &SIZE(10){''右クリックで新しいウィンドウで開くと便利です。Sign as guestでログインして下さい。''};

''免疫染色とISH''

|#ref(kifCD20.jpg,,18%)|#ref(kifCD79a.jpg,,18%)|#ref(kifCD3.jpg,,18%)|#ref(kifCD10.jpg,,18%)|
|CENTER:CD20|CENTER:CD79a|CENTER:CD3|CENTER:CD10|
|#ref(kifbcl6.jpg,,18%)|#ref(kifKi67.jpg,,18%)|#ref(kifEBV.jpg,,18%)|#ref(kifbcl2.jpg,,18%)|
|CENTER:bcl-6|CENTER:ki-67|CENTER:EBER-ISH|CENTER:bcl-2|

mm


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS